バラの花言葉


女性に贈る花として人気があり選ばれているバラ。
たとえば朝顔には「愛着」、ひまわりには「光輝」などの花言葉があります。
バラにはどんな花言葉があるのでしょう。
バラの花言葉には「愛情」や「恋」が一般的に知られています。
好きな相手にプレゼントする花としては最高ですが、花の色でも花言葉に違いがあります。

■色別による花言葉
●赤いバラ────情熱・愛情・恋愛
●ピンクのバラ──上品・気品・しとやか・満足
●白いバラ────純潔・尊敬
●黄色のバラ───友情・献身・嫉妬

バラの色と言えば、一番は赤ですね。赤い色のバラの花言葉は「情熱的」「美しさの象徴」。
白いバラは清楚なイメージで「純潔」や「心からの尊敬」。
ピンク色のバラは愛らしいイメージがあり、「上品」「温かい心」「美しい少女」、さらに「病気の回復」という花言葉もあります。
黄色のバラは「友情」「献身」という花言葉ですが、それ以外に「嫉妬」「不貞」「別れよう」などマイナーな言葉もあるので注意が必要ですね。

■花の色の組み合わせによる花言葉
花の色を組み合わせることでも、花言葉が増えます。
●赤いバラの中に白いバラを入れると、「和合」や「温かい心」になります。
●黄色のバラの中に赤いバラを入れると、「あなたがどんなに不誠実でも」。

■蕾との組み合わせによる花言葉
●3本の蕾のバラと1本の花の場合は「あのことは永遠に秘密」。
●2本の花と1本の蕾の組み合わせは「あのことは当分秘密」。
ちょっと怖い花言葉ですね。


■部位による花言葉
バラの部位の違いで、花言葉があります。
●葉──「頑張れ」「希望がある」
●枝──「あなたの不快さが私を悩ませます」
●棘──「不幸中の幸い」

■状態による花言葉
バラの状態によっても違いがあります。
●多弁──「誇り」「バカにしないで」
●一重──「清純な愛」「静かな愛」
●満開──「私は人妻」

■しおれているバラの花言葉
●しおれている赤いバラ──「はかない」
●しおれている白いバラ──「つかの間の印象」

意外な花言葉があり、驚いてしまいますね。
バラの花言葉だけでもこんなにたくさんがあるのです。プレゼントする方は大変ですね。花言葉はととてもロマンティックです。悪い意味で使われる花言葉は気にしないことです。花言葉だけにとらわれず、相手のことを想い、心から気に入ったお花を選ぶことが一番大切です。
花言葉を書くときには、良い意味で使われている言葉だけを添えて贈りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。