青いバラ


今までに2万5千種以上の様々なバラが作り出され、色は赤やピンク、さらに黄色や白などが一般的です。

日本のサントリーがバイオテクノロジーを用いて、2004年に世界初の「青いバラ」を作ることに成功。2009年には販売できる見通しになったと発表しました。「青いバラ」、待ち遠しいですね。

植物の花の色を決めている色素にはさまざまな種類があります。
その中で重要なものが「デルフィニジン」という青色の色素です。
バラにはこのデルフィニジンが含まれていません。
すでに開発されている紫色のような青っぽいバラにも、この色素は発見されませんでした。このようなことから、青いバラは実現不可能な幻のバラとして、語り続けられてきたのです。

この不可能の代名詞とも言われる「青い色」のバラを作るために、
多くの育種家が長年にわたって世界中のバラを交配してきました。
バラの花弁では、青色の色素である「デルフィニジン」を作るために必要な酵素の遺伝子が機能してないことに起因するということが明らかになっていました。
サントリーはこれらの点に注目し、オーストラリアのフロリジン社と共同開発に着手し、1990年から研究を続けてきました。

サントリーはこの研究の過程で、ペチュニアなどに含まれる
デルフィニジンを使って青いカーネーションの開発に成功しました。
その後、バイオテクノロジー技術を用いた開発が進み、
パンジーのデルフィニジンを作る遺伝子をバラに組み込んで機能させ、デルフィニジンを持っている「青いバラ」を作り出すことに成功したのです。

たくさんの研究者により、長年にわたって生み出された「青いバラ」。この世に存在しなかった青いバラは、大切な人へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしですね。もちろんリビングやショップ、オフィスなどを飾るのも、とてもおしゃれです。

発売されたらいち早く、この青いバラの美しさを楽しんでみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。