バラの種類


私たちの日常を楽しませてくれるたり、プレゼントなどの演出として最適なバラの花。その種類は驚くほど多く、とても古い歴史を持っています。

バラは、大きく分けると「オールドローズ」と「モダンローズ」とに分けられます。

オールドローズは、野生のバラも含めて、1867年以前に作られたものをさします。
ヨーロッパの庭園で栽培されていたオールドローズ。細めの枝に大きな花をつけ、香り豊かに咲き誇り、1年に1度しか咲かないのが特徴です。切花としてではなく、つるや茎までバラ全体の姿を楽しむことを目的とされていました。

モダンローズは1867年以降に作られたバラで、長く花を楽しむことができる四季咲きが多いということが大きな特徴です。

現代では、丈夫で育てやすいモダンローズが良く知られていますが、モダンローズの中でも、色々な系統があります。
モダンローズの代表的なものは、「ハイブリッドティー系」です。
1本の茎に1輪だけ花をつけます。四季咲きで色の種類も豊富で、10cm以上の大輪の花をつけるバラです。5月から11月頃まで花を咲かせます。ハイブリッドティーローズはガーデンローズとしてだけでなく、ブライダルブーケなどの切花としても使われています。

最近になって日本で人気がでてきているのは「イングリッシュローズ」です。
イングリッシュローズはオールドローズとモダンローズの交配によって生まれ、両者の良い部分を受け継いでいます。カップ咲きやロゼッタ咲きが中心です。
オールドローズのクラシカルな花の形と香りの高いものが多く、モダンローズの色彩豊かな花の色があります。日本で知られるようになってからは、まだ10年程度。ですが、その種類は100種類以上になります。

「フロリバンダ゙系」は花壇の演出に最適です。
特徴は何と言っても花の多さ。四季咲きで5cm〜8cmの中輪の花をつけるバラです。色や形は多種多様です。
黄色からピンクになり、やがて赤色になる「マスケラード」という品種のように、色が変化するバラも、フロリダパンダ系の特徴です。仕立て方によっては鉢植えで育てることもできます。ベランダガーデンでも大丈夫です。初心者の方にも、病気の心配が少なく強健種が多いため、育てやすいというのも特徴です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。