ネット花屋さんの選び方(2)


バラの花束を好きな女性などにプレゼントしたいと思いませんか。しかしどんな花屋さんが良いのか分からない。花屋さんでバラをじっくり選ぶのは、さすがに照れくさい。
こんな方におすすめなのは、インターネットの「ネットショップの花屋さん」です。

インターネットで注文するなら、自分の都合のいい時に、ゆっくり時間をかけてお花を選ぶことができますね。バラ1本を選ぶにも、色や形・大きさはさまざまです。しかし「ネットショップの花屋さん」なら、多くの選択肢の中から選ぶことができます。

ネットショップにある花屋さんを検索してみると、たくさんの花屋さんが検索できます。お店の名前もさまざまです。「フラワーショップ」「花の店」「生花店」「フローリスト」など形式があります。慣れていない方には、違いは一目みただけでは分かりませんよね。

■「ネット花店」の分類
参考までに、ネット花店を大きく分類してみました。

●加盟店型
通販サイトで注文と支払いを受け付けています。
商品を実際に届ける店は、その団体に加盟している花屋さんです。商品は団体が企画し統一されている。カタログを見ながら選びます。

●生花店型
ギフト商品が豊富なのが特徴。
主力商品は切花。花束やフラワーアレンジを多く扱っているお店が多いが鉢物も扱っています。プレゼント用としてはもっともポピュラーなタイプです。

●園芸店型
主力の商品が同じ園芸店でも、「ギフト用」と「ガーデニング用」に分けられます。ギフト用が豊富な園芸店では、鉢植えを多く扱っている。観葉植物で大型のものをプレゼントしたい時には最適です。

●ブライダル型
結婚式で使う商品がメインで、ブーケやブートニアなどを扱っている。もちろんプレゼント用としての花束などもあります。ゴージャスでお洒落なものが見つかるかもしれませんね。

●生産者型
直接、花の生産者がネットで販売しています。
そのため花が新鮮で価格が安いのが特徴です。お花のことにかなり詳しい人なら、ここを利用するとかなりお得です。まとめて大量に購入することもできます。
しかし生産者が栽培する花なので、花の種類はやや限定されます。ラッピングにはあまり期待しないでください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。